クレカコレクション

クレジットカード情報配信ブログ。あなたにとって最高のクレジットカードを。

クレジットカード情報 クレジットカード比較

UCSカードとUCSゴールドカードを比較。違いからどちらを持つ方が良いか検証

更新日:

株式会社UCSが発行するクレジットカードのUCSカードとUCSゴールドカード。通常のクレジットカードとゴールドカードとなりますが、違いはどこにあるのか。

この記事ではUCSカードとUCSゴールドカードを比較することで、特典の違いなどをわかりやすく解説し、どちらを持つべきか検証しました。

結論として普通に使用するなら、UCSカードで十分です。

以下に比較と検証行っていますので参考にして下さい。

 

UCSカードとUCSゴールドカードの基本情報を比較

基本情報比較

UCSカードとUCSゴールドカードの年会費や入会資格など基本情報一部を表にして比較しました。

基本項目 UCSカード UCSゴールドカード
年会費 無料 3,000円+税
入会資格 18歳以上(高校生不可) 勤続年数5年以上、本人年収500万円以上且つ30歳以上で安定した収入
利用可能額 最高50万円 100万円~200万円
家族カード 有り(年会費無料) 有り(1,000円+税/年)
基本還元率 0.5%(200円で1ポイント) 0.5%(200円で1ポイント)

この中から特に年会費、入会資格、還元率(ポイントプログラム)について見てみます。

UCSカードとUCSゴールドカードの年会費を比較

通常のUCSカードは年会費無料で利用できます。一方UCSゴールドカードは3,000円+税の年会費が発生します。

家族カードもUCSカードは年会費無料で付帯できますが、UCSゴールドカードは家族カードに1,000円+税の年会費が発生します。

こういったクレジットカードの年会費を比べたとき、年会費有無はクレジットカード会員の特典に表れてきます

 

UCSカードとUCSゴールドカードの入会資格を比較

UCSカードは「18歳以上で高校生不可」という条件しか記載がありません。ですので審査が通りやすいといえます。

UCSゴールドカードは「勤続年数5年以上、本人年収500万以上、30歳以上で安定収入」と社会的信用性が、ある程度確立された人を条件としています。

UCSカードに比べるとUCSゴールドカードは厳しめの条件になっています。

 

UCSカードとUCSゴールドカードの基本還元率を比較

クレジットカードの特に気になる点、ポイント還元率について比較します。

UCSカードはUポイントが貯まります。Uポイントについての詳細は、「Uポイントの貯まり方と使い道をわかりやすく解説」のページにまとめていますので一読下さい。

UCSカードは200円で1ポイント、基本還元率0.5%になっています。UCSゴールドカードも同じで、基本還元率0.5%です。

ランク違いで還元率が変わるクレジットカードは多いですが、UCSカードについては通常カードとゴールドカードで還元率が同じ設定になっています。

基本情報比較のまとめ

UCSゴールドカードの方が入会資格は厳しめになっていて、年会費が発生します。年会費の有無はありますが、Uポイント還元率がUCSカードとUCSゴールドカードで同じになっているので、基本情報の比較から、普段使う分にはUCSカードで十分だと判断できます。

UCSカードとUCSゴールドカードの特典を比較

UCSカードとUCSゴールドカードの特典を比較

UCSカードには特定のスーパーマーケットで還元率アップや、割引などの優待特典があります。

UCSカードとUCSゴールドカードで特典の違いを見てみます。

特典 UCSカード UCSゴールドカード
アピタやピアゴで5%OFF
関連店舗でUポイント2倍付与
5%OFFプレミアムチケット
バースデープレミアムチケット
優待加盟店での特典
UCSパックツアー
旅行傷害保険付帯 -
空港ラウンジ無料利用 -
3,000円分ギフトカードプレゼント -

UCSカード会員の特典内容について、詳細は「UCSカード会員が受けられる特典を解説のページを参考下さい。

特典を比較してみるとUCSゴールドカードには、旅行に関する特典が少し追加されていることがわかります。

空港ラウンジ無料利用特典

UCSゴールドカード会員のみの特典です。

全国28ヶ所にある空港ラウンジを無料利用できます。

飛行機に乗る機会が多い方は、利用機会があるはずです。逆に飛行機の利用機会が少なければ、特に必要としない特典になります。

旅行傷害保険付帯

UCSゴールドカード会員になると、国内・海外旅行傷害保険がクレジットカードに付帯されます。

一見魅力的に思えますが、クレジットカードに付帯している旅行傷害保険は、補償内容に不十分なものが多く、それはUCSゴールドカードも同じです。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険については「クレカ付帯の旅行傷害保険でほんとうに安心なのか」のページで解説しているので、参考にして下さい。

ギフトカード3,000円分プレゼント

UCSゴールドカードをで年間Uポイント5,000ポイントを獲得すると、その時点でギフトカード3,000円分がプレゼントされます。

この特典はUCSカード会員にありません

年間5,000ポイントのUポイントを獲得すると、ロイヤルメンバーズにもなれます。ロイヤルメンバーズは毎月の請求額に対して、付与されるUポイントが20%アップします。

UCSカードでUポイントを年間5,000ポイント獲得するためには、通常還元率で考えると、年間利用額100万円が必要になります。

年間利用額が100万円を超えるという人は、UCSゴールドカードを持つ方が良いです

その理由はギフトカードで年会費分のもとが取れ、且つロイヤルメンバーズになってUポイント付与増となるからです。

他の特典は置いておいて、UCSカードの利用が年間100万円以上になるなら、UCSゴールドカードをおすすめします。

 

 

特典の比較まとめ

UCSゴールドカードには旅行系の特典が追加されます。しかしゴールドカードの特典としては少し弱い印象を受けます。

年間100万円のカード利用あるなら元がとれますが、そうでなければUCSゴールドカードの特典は弱いので、通常のUCSカードで十分です。

 

まとめ

  • UCSカードとUCSゴールドカードの違いは特典に表れている
  • しかしUCSゴールドカードの特典は弱い印象
  • 年間100万円以上利用するならUCSゴールドカードがおすすめ

UCSカードの通常カードとゴールドカードを比較しました。特典は多少違っていますが、普段特定の店舗用に持つならば、通常のUCSカードで十分に割引などの特典を受けることができます。

年間利用額を見直して、どちらを選ぶか検討して見てください。

この記事が読んでいただいた方のお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
しょうへい

しょうへい

家族が大好きな平凡な会社員です。 クレジットカードに興味を持ち、いろんなクレジットカードを調べる事を楽しんでます。調べたクレジットカードやクレジットカードに関する情報を、皆さんにお届けするのと自分自身のメモとしてもアウトプットしていきます。

よく読まれている記事です

漢方スタイルクラブカードはReader's Cardへ切り替わり 1

株式会社ジャックスが発行する漢方スタイルクラブカードは、ポイント還元率が1.5%と高還元率クレジットカードとして存在して ...

オンアス取引とは 2

ここではクレジットカードのオンアス取引についてご紹介します。 オンアス取引はカード発行会社であるイシュアと加盟店管理会社 ...

Tポイントの貯め方や使い道 3

ここでは共通ポイントプログラムであるTポイントの貯め方と使い道をご紹介します。 「Tポイントを貯めることができるけど、貯 ...

楽天カード貯まる・使えるポイント 4

楽天カードはその名の通り楽天が発行しているクレジットカードです。 その為楽天カードでポイントを貯めると、楽天市場などの楽 ...

ロイヤルメンバーズになる価値があるのか考察 5

ロイヤルメンバーズはUCSカード会員のUポイント付与が通常よりアップする特典です。ロイヤルメンバーズになるには、一定の条 ...

-クレジットカード情報, クレジットカード比較
-, , , ,

Copyright© クレカコレクション , 2018 All Rights Reserved.