クレカコレクション

クレジットカード情報配信ブログ。あなたにとって最高のクレジットカードを。

クレジットカードを知る

クレカ付帯の海外旅行傷害保険の補償額は必要額になっているのか?旅行代理店の店員さんに聞きました。

更新日:

クレカコレクションへようこそ。どうも、しょうへいです。

ここではクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険の補償額が必要な額になっているのか、について書いています。

付帯されている多くはゴールドカード以上のクレジットカードですが、なかには年会費無料のクレジットカードにも付帯しています。

ではクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の補償は、必要額になっているのでしょうか。

旅行代理店の店員さんに聞いたので、紹介します。

 

クレカード付帯の海外旅行傷害保険

補償額の特徴

  • 傷害死亡・後遺障害が手厚いと強調されている

クレジットカード付帯の旅行傷害保険で、補償が手厚いと表記されている項目、「傷害死亡・後遺障害◯,000万円」。旅行傷害保険が付帯されている、クレジットカードの公式サイトで強調されているのを見かけます。

私もそうですが高額な補償額が表記されていれば、なんとなく「充分な補償がされている」と思います

 

傷害死亡・後遺障害以外の補償額の特徴

  • 傷害・疾病治療費用はだいたい100万~300万
  • 賠償責任は1000万~2000万
  • 携行品損害は20万~30万
  • 救援者費用はだいたい200万円

海外旅行傷害保険が付帯している多くのクレジットカードにおいて、死亡・後遺障害以外の補償額はだいたい同じような傾向にあります。

しかしこの傷害死亡・後遺障害以外の項目が、海外へ行くにあたり重要な保険となります。

 

なぜ死亡・後遺障害を手厚くできる?

  • 死亡・後遺障害となるような事故は起こる確率が低い

クレジットカードに付帯している旅行傷害保険は、死亡・後遺障害で高額な補償をしているのが特徴です。

なぜ死亡・後遺障害で高額な補償ができるのか。

それは死亡・後遺障害になる確率が低く、リスクを負わないで手厚くできるからです。

クレジットカード付帯の旅行保険で、傷害治療や疾病治療を手厚くしようとすると、年会費を高くするなどの対応が必要になります。

年会費を高くすることは、クレジットカード会社にとってカード会員数減につながります。

 

旅行傷害保険で必要な補償

重要な補償項目

  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 携行品損害
  • 旅行事故緊急費用
  • 救援者費用

上記項目が海外旅行傷害保険において必要になってきます。ここに死亡・後遺障害が入っていません。

旅行先で死亡することや後遺障害になるようなことは、とても確率が低いからです。

それよりも怪我をすることや病気にかかってしまうことの方が確率は高く、その為特に傷害・疾病治療費用の補償が必要になります。

補償項目 内容
傷害治療費用 旅行先でケガをしたとき、病院で治療を受けたときに出る費用
疾病治療費用 旅行先で病気にかかり治療を受けた時の費用
携行品損害 旅行先に持って行った荷物が壊れたときにでる費用
旅行事故緊急費用 飛行機が6時間以上遅れたり欠航したりし、延泊が必要になったときに出る費用
救援者費用 旅行先で入院するとなり、家族に急遽現地に来てもらう際に渡航費と滞在費が出る補償

 

海外旅行傷害保険での必要額

  • 傷害・疾病治療費用は1,000万~無制限
  • 携行品損害は10万~
  • 旅行事故緊急費用は5万~
  • 救援者費用は1,500万~
  • 賠償責任は1億円

海外旅行傷害保険の必要額は、だいたいのラインとしては上記のようになります。

しかし訪れる国によって治療費等は全然違ってきますので、最低ラインを明確にすることはできません

ですので旅行代理店の人が傷害・疾病治療費用について無制限をおすすめしているくらいです。

旅行へ行くときは旅行代理店とよく相談することが大切です。

 

海外トラブルの実例

  • クレジットカード付帯の保険では必要額に足りていない

JTB公式サイトに、海外トラブルの実例が紹介されています。

海外でケガをした実例では、治療費用と救援者費用で788万円の費用がかかったとなっています。

クレジットカード付帯海外旅行傷害保険では、治療費用200万、救援者費用200万程度が一般的です。

合計で400万円となり、紹介されている実例のようなトラブルに遭った場合、必要額に足りていないことがわかります。

 

まとめ

ココがおすすめ

  • クレカ付帯の旅行傷害保険の補償内容では、必要額に届いていないことが多い
  • 本当に必要な補償は、傷害・疾病治療、携行品損害、旅行事故緊急費用、救援者費用
  • 補償の最低ラインを明確には言えない。
  • 旅行傷害保険の内容は旅行代理店等で相談が必要

当ブログにてクレジットカードの概要をまとめた記事には、会員優待として旅行傷害保険付帯と記載しています。

しかしクレジットカード付帯の旅行傷害保険をおすすめすることはしません。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険でも、内容が良いと分かればおすすめをします。

この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
しょうへい

しょうへい

家族が大好きな平凡な会社員です。 クレジットカードに興味を持ち、いろんなクレジットカードを調べる事を楽しんでます。調べたクレジットカードやクレジットカードに関する情報を、皆さんにお届けするのと自分自身のメモとしてもアウトプットしていきます。

よく読まれている記事です

漢方スタイルクラブカードはReader's Cardへ切り替わり 1

株式会社ジャックスが発行する漢方スタイルクラブカードは、ポイント還元率が1.5%と高還元率クレジットカードとして存在して ...

オンアス取引とは 2

ここではクレジットカードのオンアス取引についてご紹介します。 オンアス取引はカード発行会社であるイシュアと加盟店管理会社 ...

Tポイントの貯め方や使い道 3

ここでは共通ポイントプログラムであるTポイントの貯め方と使い道をご紹介します。 「Tポイントを貯めることができるけど、貯 ...

楽天カード貯まる・使えるポイント 4

楽天カードはその名の通り楽天が発行しているクレジットカードです。 その為楽天カードでポイントを貯めると、楽天市場などの楽 ...

ロイヤルメンバーズになる価値があるのか考察 5

ロイヤルメンバーズはUCSカード会員のUポイント付与が通常よりアップする特典です。ロイヤルメンバーズになるには、一定の条 ...

-クレジットカードを知る

Copyright© クレカコレクション , 2018 All Rights Reserved.