クレカコレクション

クレジットカード情報配信ブログ。あなたにとって最高のクレジットカードを。

クレジットカード 審査 クレジットカードを知る

クレジットカードの発行審査は様々な情報からスコアリングの方法で行われています。

更新日:

会員申し込みがあると、イシュアと呼ばれるカード発行会社は発行可否や信用度合の審査を行います。

発行可否審査はクレジットカード発行会社の大事な業務であり、審査は申請者の申し込み時の記載情報から行われていきます。

クレジットカードを持っている方はクレジットカードの申込の時に、いろいろな内容を記入して申請したと思いますが、その記入内容からクレジットカード発行可否審査は行われます。

クレジットカードをこれから初めて申し込もうと考えている方は、申請時の参考にしてください。

嘘の申告はダメです。

[toc]

クレジットカードの審査基準

カード発行会社の審査には社内情報を用いた社内情報審査と、法律に基づいて個人信用情報センターを利用して行う外部情報審査があります。

クレジットカード会社外部で行われる審査

審査について、こういった社内や外部に登録されているデータがある場合は、データに基づいて可否判定を行えば良いので、カード発行会社は比較的容易に審査を行う事ができます。難しいのは過去データがない審査です。

信用度合判定の柱となる4C

審査では4Cという4つの柱をもとにして個人の信用度合を判定します。柱となる4Cとは下記になります。

  1. Character(人格)
  2. Capacity(支払能力)
  3. Capital(資産)
  4. Control(自己管理)

個人信用能力4C

Character(人格)

信用度合の判断基準として利用される人格判断は返済意思の有無や、返済意思が強いのか弱いのかなど、返済に対する責任感を判断します。

Capacity(支払能力)

収入や職業から返済能力の安定度を判断します。大企業勤務は返済能力に安定性があると判定されますが、大企業勤めでも勤続年数が短いと基準を下回る判定となります。

Capital(資産)

資産は預貯金や不動産、有価証券などの資産状況を見ます。

クレジットカードの利用限度額計算にはこの預貯金も算出に利用されます。銀行本体発行の場合は預貯金を把握できますが、銀行以外のノンバンクカードでは預貯金を把握することはできませので、申請者の自己申告となっています。

Control(自己管理)

収入や資産が豊富でも、返済に対する意識が自己管理できなければ意味がありませんので、信用度合に考慮されます。

クレジットカードの審査方法

クレジットカードの審査方法は採点によるスコアリング形式や、審査者の経験則も考慮され判定されます。

スコアリング手法

クレジットカードの審査は申請者情報を使用し、スコアリング手法で点数化するのが一般的となっています。スコアリングは項目ごとに数値化し、最終的に採点を合算して判定を行います。

スコアリングの項目には下記のものなどがあります。クレジットカードの申込をされた経験がある方は、書いた覚えのある内容のはずです。

スコアリング項目の例

  • 年齢
  • 配偶者有無
  • 扶養家族有無(人数)
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 職種
  • 職位
  • 勤務先情報(規模)
  • 勤続年数

項目の中でも、重要度合で細かい項目に分けて指数化します。

年齢で例えると、下記のような形式で点数化されます。

年齢の点数化例

  • 18歳~21歳未満:6点
  • 21歳~25歳未満:10点
  • 25歳~30歳未満:20点
  • 30歳~40歳未満:35点

また職位で例えると、下記のような形式で点数化されます。

職位の点数化例

  • 役員:40点
  • 部門長:35点
  • 課長:30点
  • 一般:20点

 

カードの中でも一般カード、ゴールドカード、プレミアカード等カードのグレードによって付与される点数を変化させます。

審査担当者の経験則

スコアリング手法に加えて、審査担当者の経験則も審査に利用されます。

審査担当の経験則とは、申し込みが用紙形態ですと、文字のきれい・汚いに関わらず丁寧に書かれているか、記載漏れ箇所といった内容です。

インターネット申し込みの場合はカード規約ページの閲覧時間なども見られます。

まとめ

クレジットカードを利用すると、クレジットカード会社が一時的に買い物時に利用者へお金を貸すという事になります。その為クレジットカードの審査は、信用できる人に発行するべく、様々な情報を用いてスコアリング形式で審査がおこなわれます。

信用してもらうためには、申請者側もしっかり正しい情報を申告する事が大切です。

書面での申請時は、丁寧に記載されているかも確認されるので、読みやすい字で 、丁寧に書くようにし、もちろんですが、嘘の申告はしないようにしましょう。

クレジットカード会社もしっかりと審査をするので、嘘はバレますよ。

しょうへい
クレジットカードの審査について、お話ししました。この記事がお役に立てれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
しょうへい

しょうへい

家族が大好きな平凡な会社員です。
クレジットカードに興味を持ち、いろんなクレジットカードを調べる事を楽しんでます。調べたクレジットカードやクレジットカードに関する情報を、皆さんにお届けするのと自分自身のメモとしてもアウトプットしていきます。

よく読まれている記事です

漢方スタイルクラブカードはReader's Cardへ切り替わり 1

株式会社ジャックスが発行する漢方スタイルクラブカードは、ポイント還元率が1.5%と高還元率クレジットカードとして存在して ...

オンアス取引とは 2

ここではクレジットカードのオンアス取引についてご紹介します。 オンアス取引はカード発行会社であるイシュアと加盟店管理会社 ...

Tポイントの貯め方や使い道 3

ここでは共通ポイントプログラムであるTポイントの貯め方と使い道をご紹介します。 「Tポイントを貯めることができるけど、貯 ...

楽天カード貯まる・使えるポイント 4

楽天カードはその名の通り楽天が発行しているクレジットカードです。 その為楽天カードでポイントを貯めると、楽天市場などの楽 ...

ロイヤルメンバーズになる価値があるのか考察 5

ロイヤルメンバーズはUCSカード会員のUポイント付与が通常よりアップする特典です。ロイヤルメンバーズになるには、一定の条 ...

-クレジットカード 審査, クレジットカードを知る

Copyright© クレカコレクション , 2018 All Rights Reserved.