クレカコレクション

クレジットカード情報配信ブログ。あなたにとって最高のクレジットカードを。

クレジットカードの選び方 クレジットカードを知る

メインカードとしてクレジットカードを選ぶときの注意点3つ+条件3つ。上手に選んでクレジットカードを効率よく活用できます。

更新日:

クレジットカードを複数持つとき、よく利用するメインカードをひとつ選ぶことになります。

でもどういった基準でメインカードを選べば良いのか悩む人も少なくありません。

ではメインカードを選ぶ方法や考え方は何か。

このページではメインカードを選ぶときの注意点と必須条件を3つずつまとめました。効率良くクレジットカードを使用するための参考にして下さい。

メインカードを選ぶ注意点

クレジットカードを選ぶ

メインで使うクレジットカードを選ぶときに、特に注意すべき点は3つあります。

  • 年間利用額
  • ポイントプログラム
  • 特典(優待店や特約店)

この3つに気を付けてクレジットカードを選ぶ必要があります。

よくSNSで

クレジットカードは○○カードが最強

ポイント貯めるなら○○カードが最強

とコメントされている方を見かけますが、どのクレジットカードが最強かは人それぞれです。

人によってライフスタイルが違い、普段利用するお店は違います。

持っているクレジットカードのポイントが、よく利用するお店で貯まらなければ・使えなければ意味がありません。

ライフスタイルに合ったクレジットカードをしっかり選ぶことにより、あなたにとって最強のクレジットカードになります。

では注意すべき3つの点を順番に見ていきます。

クレジットカードの年間利用額

クレジットカードにはよく年間利用額に応じた特典があります。例えばポイント付与時の還元率です。年間利用額が一定の条件を満たすと、翌年の利用時に付与される還元率がアップするなどの優待があります。

また年会費が無料になることもあり、年間利用額が高いと優遇を受けられることが多いです。

ポイントプログラム

ポイントプログラムはクレジットカードを利用することで還元されるポイント種です。ポイントをたくさん貯めても使い道がなければ意味がありませんそのポイントの使い道があるのかをしっかり確認する必要があります。

理想は有効期限が2年以上と長く、ポイント加盟店で現金代わりに利用できたり電子マネーへ充当できたりするポイント種です。

こういった条件を満たすのは共通ポイントです。共通ポイントについては以下のページが参考になります。

共通ポイントを解説|いろんな場所で貯まる・使えるポイントたち

優待店や特約店

クレジットカード会社が提携している優待店があります。そういった店舗では割引やポイント付与の還元率がアップする特典があります。クレジットカードの優待店に、自分が普段から利用している店舗があるのかを事前に確認しておきましょう。

メインカードを選ぶ時の必須条件3つ

メインカード選びの条件

メインカードとなるクレジットカードには満たすべき3つの必須条件があります。

  • ポイント還元率が高い
  • ポイントの利便性が高い
  • 年会費が安い

順番に見て行きます。

ポイントの還元率が高い

還元率とはクレジットカードを利用した時に、利用金額に応じて得られるポイント数の事です。100円毎に1ポイントが貯まり、1ポイント=1円の価値があるとすれば、還元率は1.0%ということになります。

メインカードとして使用するクレジットカードは、ポイント還元率が高いクレジットカードを選びます。還元率の基準として0.5%が一般的、1.0%ならそこそこ、1.0%を超えてくるのは高還元率です。

還元率の目安

 

メインカードは利用機会が多いクレジットカードになるので、ポイント還元率が高いとその分ポイントが貯まりやすいことになります。

メインカードはどこで使っても還元率1.0%以上のクレジットカードを選びたいところです。

ポイントの利便性が高い

先の注意点に記載したように、ポイントをたくさん貯めても使えなければ意味がありません。ポイントがどこでどんなふうに貯まるのか、どこでどのように使えるのかをしっかり確認しましょう。

ポイントは共通ポイント、または共通ポイントに交換可能なポイント種がおすすめです。

年会費が安い

メインで利用するクレジットカードの年会費は安いのを条件にします。年会費の判断は特典も考慮する必要がありますが、ポイント還元率から"モトがとれるか"で簡易判断できます。

また「年間1回以上のクレジットカード利用で翌年度年会費無料」、「年間◯◯万円以上のクレジットカード利用で翌年度年会費無料」といった、条件を満たすと年会費が無料になるクレジットカードがあります。

年間利用額や利用回数に応じて年会費が無料になるクレジットカードは、メインで使う場合簡単に条件を満たすことができるので、活用し易いです。

まとめ

《メインカード選定の注意事項

  • クレジットカードを年間どれだけ利用するかの年間利用額
  • 貯まるポイントの使う機会があるか
  • 利用できる優待店や特約店があるか

《メインカード選定時の必須条件

  • 還元率が1.0%を超える高還元率クレジットカード
  • 貯まるポイントの利便性が高い
  • 年会費が安い、無料ならなお良い

メインカードとしてクレジットカードを選定するときは、上記のような点を気をつけてください。自分のライフスタイルにあったクレジットカードを選ぶことで、クレジットカードの機能を最大限に発揮する事が出来ます。

 

2枚目以降のサブカードの選び方は「サブカードとしてクレジットカードを選ぶときの注意点2つ+条件3つ。サブカードの機能を十分に発揮させてあげましょう。」にまとめていますので参考にして下さい。

 

このページがクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
しょうへい

しょうへい

家族が大好きな平凡な会社員です。 クレジットカードに興味を持ち、いろんなクレジットカードを調べる事を楽しんでます。調べたクレジットカードやクレジットカードに関する情報を、皆さんにお届けするのと自分自身のメモとしてもアウトプットしていきます。

よく読まれている記事です

漢方スタイルクラブカードはReader's Cardへ切り替わり 1

株式会社ジャックスが発行する漢方スタイルクラブカードは、ポイント還元率が1.5%と高還元率クレジットカードとして存在して ...

オンアス取引とは 2

ここではクレジットカードのオンアス取引についてご紹介します。 オンアス取引はカード発行会社であるイシュアと加盟店管理会社 ...

Tポイントの貯め方や使い道 3

ここでは共通ポイントプログラムであるTポイントの貯め方と使い道をご紹介します。 「Tポイントを貯めることができるけど、貯 ...

楽天カード貯まる・使えるポイント 4

楽天カードはその名の通り楽天が発行しているクレジットカードです。 その為楽天カードでポイントを貯めると、楽天市場などの楽 ...

ロイヤルメンバーズになる価値があるのか考察 5

ロイヤルメンバーズはUCSカード会員のUポイント付与が通常よりアップする特典です。ロイヤルメンバーズになるには、一定の条 ...

-クレジットカードの選び方, クレジットカードを知る
-

Copyright© クレカコレクション , 2018 All Rights Reserved.