クレカコレクション

クレジットカード情報配信ブログ。あなたにとって最高のクレジットカードを。

クレジットカードを知る

クレジットカードの還元率について解説。還元はポイント付与だけではありません。

更新日:

クレジットカードは利用額に応じて還元が設定されていることが一般的です。

利用額に応じてどれくらい還元されるかを還元率と呼びます。還元率はポイント付与が一番わかりやすいのですが、還元率の考え方はポイント付与だけではありません。

ここではクレジットカードのポイントが付与される還元と、ポイント付与以外の還元について解説します。

クレジットカード利用額に対するポイント付与

ポイントプログラム

クレジットカードの還元で一番一般的なのが、クレジットカードの利用額に応じて付与されるポイント数です。

ポイント付与に多いパターンはクレジットカード利用額の100円毎で1ポイントや、200円で1ポイントなどがあります。

貯まるポイント種は、利用するクレジットカードによって異なります。

1ポイントが1円相当の還元率

還元率として一番わかりやすいのが、貯まるポイントが1ポイント=1円相当となっている場合です。

この時のポイント付与数が100円毎に1ポイント付与なら還元率は1.0%、200円毎に1ポイント付与なら0.5%となります。

 

上図のようにポイントのレートが1ポイント=1円で、100円で1ポイント付与となっている場合は、100円利用のうち1円分が還ってくるので、還元率は1.0%となります。

200円で1ポイント=1円の場合も同様の計算で、200円のうち1円還ってくるので還元率は0.5%になります。

1ポイント1円相当ではない場合

クレジットカードに付与されるポイント種によっては、1ポイントが1円より大きい場合もあります。

例えばクレディセゾンが運営する永久不滅ポイントは1ポイント=5円相当で設定されています。

1ポイントの価値が大きいポイント種は、ポイント付与される利用額が大きいのが特徴です。例に挙げた永久不滅ポイントで見てみると、永久不滅ポイント1ポイントは1,000円毎に1ポイント付与されます。

還元率の考え方は先に記載したのと同じで、永久不滅ポイントの場合1,000円毎に1ポイント付与、1ポイント=5円相当なので、1,000円のうち5円還元になり還元率は0.5%になります。

クレジットカード利用時の割引

クレジットカード利用時の割引

クレジットカードは毎月の請求が割引になったり、特定の店舗で利用したときに利用額が割引されることがあります。

クレジットカードで還元と聞くと、どうしてもポイント付与のことを考えてしまいがちですが、割引も還元と考えることができます。

特定の店舗や場所で割引

クレジットカードは提携店があり、提携店でクレジットカードを利用するとポイント付与増や割引などの特典を受けれます。

提携店での割引も還元と考えることができるので2%割引なら還元率2%、3%割引なら還元率3%となり、提携店での利用時は高還元率になることがほとんどです。

提携店で利用

そのためよく利用する店舗と提携があるクレジットカードや、よく利用する店舗とクレジットカード会社が提携して発行しているようなクレジットカードが、おとくに利用できます。

割引とポイント付与

提携店で割引があるクレジットカードは、その提携店で支払いにクレジットカードを利用すると、利用額に対してポイントが付与されます。

例えば100円で1ポイント(=1円)付与されるポイント還元率1.0%のクレジットカードAがあるとし、クレジットカードAは特定の店舗Bで支払いに利用すると2%OFFになります。

この場合の還元率はポイント付与+割引となり、ポイント還元率1.0%+割引2.0%で還元率3.0%ということになります。

提携店で利用、割引+ポイント付与

割引も還元として考える事ができ、割引+ポイント付与となるのでより高還元率になります。

まとめ

クレジットカードの還元率についてまとめます。

  • クレジットカードの還元はポイント付与が一般的だが、他にクレジットカード利用時の割引も還元として考える事ができる
  • ポイント付与が還元率としては一番わかり易い
  • ポイント付与の還元率は、付与されるポイントのレートによっても変わる
  • クレジットカード利用時に割引があると、高還元率となることが多い
  • 割引+ポイント付与がより高還元率のクレジットカードとなる

クレジットカードの還元率は、ポイント付与のことばかり考えがちですが、割引も還元率として考えることができます。

そして割引+ポイント付与されるクレジットカードが超高還元率になります。

よって自分がよく利用する店舗や場所で、割引+ポイント付与されるようなクレジットカードがあると、高還元率の特典を受ける機会が多くなります。

大事なのは普段自分がどういった店舗や場所を利用しているかということです。クレジットカードを選ぶとき、そういったところにも目を向けて検討してみて下さい。

 

この記事が読んでいただいた方の参考になれば幸いです。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
しょうへい

しょうへい

家族が大好きな平凡な会社員です。
クレジットカードに興味を持ち、いろんなクレジットカードを調べる事を楽しんでます。調べたクレジットカードやクレジットカードに関する情報を、皆さんにお届けするのと自分自身のメモとしてもアウトプットしていきます。

よく読まれている記事です

漢方スタイルクラブカードはReader's Cardへ切り替わり 1

株式会社ジャックスが発行する漢方スタイルクラブカードは、ポイント還元率が1.5%と高還元率クレジットカードとして存在して ...

オンアス取引とは 2

ここではクレジットカードのオンアス取引についてご紹介します。 オンアス取引はカード発行会社であるイシュアと加盟店管理会社 ...

Tポイントの貯め方や使い道 3

ここでは共通ポイントプログラムであるTポイントの貯め方と使い道をご紹介します。 「Tポイントを貯めることができるけど、貯 ...

楽天カード貯まる・使えるポイント 4

楽天カードはその名の通り楽天が発行しているクレジットカードです。 その為楽天カードでポイントを貯めると、楽天市場などの楽 ...

ロイヤルメンバーズになる価値があるのか考察 5

ロイヤルメンバーズはUCSカード会員のUポイント付与が通常よりアップする特典です。ロイヤルメンバーズになるには、一定の条 ...

-クレジットカードを知る

Copyright© クレカコレクション , 2018 All Rights Reserved.