クレカコレクション

クレジットカード情報配信ブログ。あなたにとって最高のクレジットカードを。

クレジットカードを知る

クレジットカードの始まりから今に至るまでの歴史について解説しています。

更新日:

クレジットカードは現在、日本で約3億枚発行されています。

1人が複数持つことも当たり前になっているクレジットカード、ではその始まりはいつだったのでしょうか。そして今のかたちになったのはいつ頃だったのでしょうか。

ここではクレジットカードの歴史について触れてみたいと思います。

[toc]

クレジットカードの始まり

クレジットカードの始まり

クレジットカードは今当たり前に使用されています。現金主義だった日本も少しずつ変化があり、クレジットカードが普及しています。

当たり前にあるものが始まるきっかけは、ちょっとした出来事がきっかけでした。

クレジットカードが始まるきっかけというのもちょっとした出来事、「財布忘れ」でした。この出来事がなければ今この世にクレジットカードが存在しなかったかもしれません・・・。

きっかけは財布を忘れたこと

クレジットカードの始まりは1950年まで遡ります。

舞台はアメリカのニューヨークです。ある実業家がレストランで食事を終え、支払いをしようとしました。その時に財布を忘れて来たことに初めて気づき、家族に財布を持ってきてもらい無事食事代を支払う事ができました。

この待っている時間が相当恥ずかしかったようで、この経験がきっかけで現金がなくても食事ができるクラブを設立しましたカードがあれば、知らないお店でも食事ができるクラブが誕生しました。

このクラブの名は「食事をする人=ダイナース」、ダイナースクラブといいます。ダイナースクラブは後に主要国際ブランド(⇒ブランドホルダーの記事参照)の一つになります。

ダイナースクラブがクレジットカード始まりのきっかけでした。

クレジットカードの発行

ダイナースクラブが手掛けるこの事業に、ある大手銀行が目を付けクレジットカードが発行されました。

この時代のアメリカは戦後の繁栄の結果、中流階級にとって安定と繁栄の時代となりました。といってもこの恩恵を受けたのは白人だけだったようです。

投資より消費がこの時代の推進力となり、大量消費社会となりました。そのため現金なしでショッピングが可能となるクレジットカードは大変好まれ、どんどん浸透していきます。

もともとアメリカでは現金払いより小切手払いが主流だったようで、小切手が個人の決済によく利用されていました。小切手が進化したものがクレジットカードとなり、クレジットカードはどんどん普及していきました。

クレジットカード事業への新規参入者

1958年にアメリカン・エキスプレス(American Express)がクレジットカード事業に参入しました。また、アメリカのカリフォルニアにてバンク・オブ・アメリカがクレジットカード、BankAmericardの発行を行いました。バンク・オブ・アメリカは大手銀行でVISAの前身です。

VISAとAmerican Expressもダイナースクラブ同様に主要国際ブランドとなります。

VISAは現在世界の決済数60%のシェアを占めていて、最大の決済ネットワークを持っています。American Expressは略称AMEX(アメックス)とも呼ばれ旅行小切手を発行し旅行業、金融業へと発展していきます。

日本でのクレジットカードの歴史

日本のクレジットカードの歴史

1960年、富士銀行(現:みずほコーポレート銀行)と日本交通公社が日本ダイナースクラブを設立しました。日本最初のクレジットカード事業が始まりました。

JCBの前身が誕生

1961年、三和銀行(現:三菱東京UFJ銀行)と日本通販(現:三菱UFJニコス)が日本クレジットビューローを設立しました。これが後にJCBとなります。

JCBも主要国際ブランドのひとつに挙げられます。国際ブランドとしてのシェアは1%となっていますが、日本国内での会員数は他ブランドを圧倒しています。

プラスチック製クレジットカードの誕生

1963年、日本ダイナースクラブがプラスチック製のクレジットカードを発行しました。

アメリカでダイナースクラブ設立してから、日本では10年後にクレジットカード事業が開始されましたが、現在のようなクレジットカードの発行は日本が初となりました。

クレジットカードの歴史まとめ

クレジットカードの歴史をまとめておきます。

  • 1950年、クレジットカード誕生のきっかけは財布を忘れたことです。
  • 現金がなくても食事ができるクラブ、ダイナースクラブが誕生しました。
  • ダイナースクラブの事業に大手銀行が参入し、クレジットカードの発行が行われました。
  • 1958年、クレジットカード事業にAmerican Expressや後のVISAとなる銀行バンク・オブ・アメリカが参入しました。
  • 1960年、日本ダイナースクラブが設立され、日本でのクレジットカード事業が始まりました。
  • 1961年、後のJCBとなる日本クレジットビューローが設立されます。
  • 1963年、日本ダイナースクラブよりプラスチック製のクレジットカードが発行され、現在のようなクレジットカードとなります。

 

この記事が読んでいただいた方の参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
しょうへい

しょうへい

家族が大好きな平凡な会社員です。 クレジットカードに興味を持ち、いろんなクレジットカードを調べる事を楽しんでます。調べたクレジットカードやクレジットカードに関する情報を、皆さんにお届けするのと自分自身のメモとしてもアウトプットしていきます。

よく読まれている記事です

漢方スタイルクラブカードはReader's Cardへ切り替わり 1

株式会社ジャックスが発行する漢方スタイルクラブカードは、ポイント還元率が1.5%と高還元率クレジットカードとして存在して ...

オンアス取引とは 2

ここではクレジットカードのオンアス取引についてご紹介します。 オンアス取引はカード発行会社であるイシュアと加盟店管理会社 ...

Tポイントの貯め方や使い道 3

ここでは共通ポイントプログラムであるTポイントの貯め方と使い道をご紹介します。 「Tポイントを貯めることができるけど、貯 ...

楽天カード貯まる・使えるポイント 4

楽天カードはその名の通り楽天が発行しているクレジットカードです。 その為楽天カードでポイントを貯めると、楽天市場などの楽 ...

ロイヤルメンバーズになる価値があるのか考察 5

ロイヤルメンバーズはUCSカード会員のUポイント付与が通常よりアップする特典です。ロイヤルメンバーズになるには、一定の条 ...

-クレジットカードを知る

Copyright© クレカコレクション , 2018 All Rights Reserved.